外国人技能実習生受入事業


さぬき市商工会では、「外国人技能実習制度」に基づき、技能実習生の受け入れ事業を行っております。


外国人技能実習制度とは

 『外国人技能実習制度』の目的・趣旨は、我が国で培われた技能、技術又は知識の開発途上地域等へ移転を図り、当該地域等の経済発展を担う「人づくり」に寄与するという国際協力の推進です。制度の目的・趣旨は、1993年に技能実習制度が創設されて以来終始一貫している考え方です。
  技能実習制度の内容は、外国人の技能実習生が、日本において企業や個人事業主等の実習実施者と雇用関係を結び、出身国において修得が困難な技能等の修得・習熟・熟達を図るものです。期間は最長5年とされ、技能等の修得は、技能実習計画に基づいて行われます。

 さぬき市商工会では、中国(送り出し機関:中国青島市/)と協定を結び、技能実習生の受け入れを行っております。選考された技能実習生は受入企業と同職種の経験者で、入国前に日本語(日常会話、専門用語)、必要な技術をあらかじめ学んでいます。
 受入企業にとっては、その対象業種やその受入人数に制限がありますが、強い実習意欲を持つ中国の優秀な若者を受入れることにより、企業の社会的・国際的貢献につながるのはもちろん、外国企業との関係強化、職場の活性化などについて、さまざまな相乗効果が期待されます。


 外国人技能実習生受入に関心のある企業の方は、お気軽にさぬき市商工会までご連絡下さい。  (本所 TEL:087−894−3888)